2017年11月10日

グラフィックLCDモジュールの評価

このところグラフィックLCDを使う開発案件の打診が増えてきたので汎用的な128×64ドットのLCDコントローラの調査をしています。

有名どころは同じような仕様のST7567、UC1701などが、使いやすいのか安価なモジュールでよく見かけます。
値段も大きさによって変わりますが、バラ購入で¥300〜900程度を安くて気軽に使えるのがありがたい。

arduinoで使うにはu8blibを使うのが手っ取り早いです。私もちょっとArduino-Ideにライブラリーを組み込んで使ってみましたが、豊富な関数で痒いところにすぐ手が届きました。


13614.jpg


ただし、コンパクトに作りたいとか、オリジナルのフォントデータを使いたいとかとなるとちょっと色々勉強することが多くなるので自分で作ったほうが早いかな・・・とも思います。

自分で作るライブラリは、まずは全画面をクリアすることと、必要な座標に1ドットのピクセルを描く関数さえできてしまえば、あとは必要に応じて作るのも楽でしょう。

わたしもピクセル描画関数をつくった後は、汎用文字描画、ライン、ボックス・・・関数を作るのが癖になりそうすがこの先どう役立つかわからないのでこのへんで遊びは終了です。


13699.jpg



そのほか、グラフィックLCD用の簡易フォント生成ツールも作ってみました。
このツールを組み合わせてエクセルのテキスト出力(エクスポート)すれば、フォントテーブル配列を自動生成するのも楽になるでしょう。


font作成ツール.jpg

posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 実験と考察