2020年03月07日

STM32F303でのマスストレージクラスの認識

STM32F303でMSCクラスを認識させるテストをしてみた。

52469.jpg

回路設計の関連知識として手持ちのNuclro-144(STM32F303)を使ってストレージクラスをPCに認識させてみた。

例によってSTM32CubeMX様の力を拝借してコードは自動生成。
SDCの認識にはCubeMXが生成するMidleWareが必要でUSB_DEVICEの設定項目のプルダウンメニューからMSCを選ぶだけです。

CubemxのミドルウェアSDCの設定.jpg


生成したコードをビルドしてプログラムを走らせてもMSCとして認識されません。ホストに接続された時にコールバック関数が走りますから、STORAGE_Read_FS内でで、セクタのデータを要求される必要なデータを返してあげると認識される。

SDCで認識された.jpg


今回コールバック関数が走らないのでよく調べてみると、DP信号のプルアップの設定をポート(PG6)で‘H’を出力しておくことを忘れて半日潰しました(苦笑)。

データ信号線のプルアップで検出される.jpg


追加するコードはこのサイトを参考にして組込ました。

https://qiita.com/mt08/items/fcc925fa47726bfc6c74

画像では使用領域と空き領域が全部ゼロですが、これはFsの適正値を返していないのであとで遊びながら試してみます。

posted by Soki at 19:45| Comment(0) | デバイス調査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: