2020年10月25日

オーディオアナライザ

現在手がけている解析調査の仕事、もう少し深く突っ込んだ調査をしたいのでオーディオアナライザを久しぶりに引っ張り出しました。

122751699_4597281767011533_6684268883590266498_n.jpg


一応ちゃんと動いているか心配なので、歪み率はは構造の単純な歪率計、周波数と電圧レベルは構成されているアジレントのDMM基準で相互確認です。
最初久しぶりに使うせいもあって、出力設定がどうも6dBずれているなぁ〜、、、と勘違いしていましたが負荷無し状態なので当たり前の表示であることが判明。

122784515_4597283067011403_8546421190498560505_n.jpg

慣れないことをするとたまにへんな勘違いしますね。
posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 保有設備・部品

2020年07月07日

NanoVNAでダミーロード特性確認

NanoVNAを使ってダミーロードの特性確認。

55745.jpg


手元に余ってしまった新品のダミーロド(0〜3GHz 50W)を添付オークションに出品を兼ねてキャリブレーションの復習をしてみました。

55853.jpg


簡易的なVNAといっても有るのと無いのでは雲泥の差でとても有り難い測定器で周波数特性をの様子を目で見ることが出来ます。

キャリブレーションはとても簡単で、今回はアンテナ特性だけですからオープン/ショート/負荷でLCDの表示にしたがってタッチして進めば完了。

完了後は念のためオープン状態とショート状態、負荷接続状態でのスミスチャートが所定の位置に定まっているかを確認して完了。

ちなみにダーミーロードの特性は、N型の中継コネクタの代わりに方向性結合器をつかったので少々悪化しましたが、1〜900MHzにおいてVSWR1.5以下は確保できているようです。


55854.jpg


55855.jpg

最後のオマケにfc=400MHzの1次LPFの入出力特性も測ってみましたが想定内の結果がえられて満足です。


55856.jpg

posted by Soki at 15:08| Comment(0) | 保有設備・部品

2018年05月22日

卓上ペインティングブース

卓上ペインティングブースで作業環境の改善です。


23822.jpg


今までは、フラックスの除去剤やその他の溶剤系のスプレーは窓を開けて換気をしながらの作業でした。

春から秋まではそれでも窓を開けられますが冬はちょと厳しく作業効率も低下。
そこでプラモデル用ではありますがテーブルの上にのせて換気のできるペインティングブースを購入。


持ち運びも容易なので半田ポッドやリフロートースターの換気にも役立ちそうです。

posted by Soki at 16:48| Comment(0) | 保有設備・部品