2021年10月01日

基板組み立ての補助図

組立図の部品の色分け塗り絵をよくします。
10196.jpg

発想は原始的だけど、デバックを含めた面実装基板の手載せ実装と評価・デバッグにはこれが一番良いみたいです。
面実装で部品点数が多くなると部品のref番号を調べながら位置を確認するのがとても大変です。
近くにPCを置いて調べれば済むとも思いますが、大抵は両手が使えない状態で直観的に判断して見つけたいものです。
部品の種類数だけ色を使うことはできませんが、色の置き方を工夫すれば何もないより数倍速いです。
posted by Soki at 22:36| Comment(0) | 作業諸々

2021年08月19日

ホットプレートでの作業治具

アルミ基板の改修には加熱中のホットプレート上ででの作業を強いられるのであるが、どうしても手や腕が震えてしまって細かな作業ができない
少しでも作業性を良くするために腕置きを作ってみた。
239390099_5982976901775339_4655568476498901837_n.jpg

構造はいたって簡単、こんな感じです。
238772524_5982976691775360_3458439667849688674_n.jpg

半田鏝を持つ右手は、小手先が長いのでちょっとした箱の上に手を置けば問題ないが、左手は時に0.1mm程度まで位置合わすることがあるので震えは大敵で、いつも時間がかかっていた。
これで少しは楽になりそうだ。

239427781_5982976335108729_1311336282403463596_n.jpg
posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 作業諸々

2018年01月21日

CANの通信の実験(Arduino)

受注している仕事でCANを使うので確認実験しています。

18130.jpg

取りあえず購入したサンプルボードにテストプログラムを書き込んで送受信のテスト。
CAN規格のピンアサインと車両のメンテで使うOBD-Uではピンアサインが違うのですね・・・要注意です。

RSで買ったマイクロチップのCAN-BUS-ANALYZERも期の的には少々不満足ですけどちゃんと動いています。
こうやって簡単に動いてしまうとなんだかつまらないですね・・・。開発という仕事、なにか謎が多くて色々試行錯誤しているほうが楽しいです。

ベースの回路はサンプルボードをお手本にしますからあとは時間が空いたときに一気に設計と作り込みを始めます。
posted by Soki at 15:01| Comment(0) | 作業諸々