2016年12月10日

板金加工

素人ながら取付金具の手加工試作をしています。

15940481_1328719253867817_756451277226417215_n.jpg

今日はお客様に試作依頼された基板が届いたので、取り付ける為の取付金具を手加工。

お客様から費用を戴いてもいいのですが、なにぶんこの手の作業は素人ですので保証外のサービス(手書きの寸法図しかない・・・笑)ということで作っています。

写真の様にに2mm厚のアルミ板に切断ラインを描いて、バンドソーでガリガリと切り出します。
折り曲げる前に取付穴&タップでネジを切っおきます。あとは、これも手加工ですが、折曲げ機で90°にします。

最後にバリを取って、基板を合わせてみて問題なければ完成です。

評価する基板だけ渡して、あととはよろしく!というのも有馬のですが、こちらも直ぐに評価してもらってその後のアクションを早くとってもらいたのでここまでやってあげます。

posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 保有設備・部品

2016年11月22日

AtmelーICEでの開発環境整

営業案件の中で再びAtmegaを使いそうだったので既存製品のボードを改造して環境の確認をしてみました。

15171184_1243650982374645_9107050582201083484_n.jpg

最近はちょっとしたプロトタイプの試作は、楽なArduinoに頼ってしまってICEは買ったまま棚上げ状態でした。

ICEはRunesasやSilab,古くは8085やZ80でよく使っていたので容易いことだろうと思ってましたが、ちょっとつまずき・・・
原因は簡単なことで(マニュアルを良く読めば書いてある)、FUSEビットのDWENを許可するのを忘れていました。

その他、ライターと同じ設定で良いだろうと勝手に思いこんで、ToolのInterface設定がISPのままだったり・・・(debugWIREにする)

15178053_1243650989041311_9122715245358596275_n.jpg

動いてしまえば簡単なもので、最近使ったSilabのIDEデバッガと比べると操作性は格段のさで使いやすい。
ポートのON/OFF状態が視覚的にわかるのが特にいいですね!

IDEのアプリは無料だし、デバッガも安いのでコスパ最高です。
あとは、デバイスの価格がもっと下がればなお良しです。(Microchipに吸収されたので少しは下がるかな・・・と期待)

今月は時間があるので、秋葉原で拾ってきた?グラフィックLCDを接続してICEで遊んでみようかと思います。

15202527_1243650969041313_1328838147371282257_n.jpg

posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年10月14日

DC/DCコンバーター基板のEMI実験

超ワイドレンジ(7〜75V)&ローノイズDC/DCコンバーター基板のEMI実験です。(本当は広帯域のループかログペリアンテナが欲しいところですが・・・汗)

14720367_1198061606933583_7853265366474373808_n.jpg

3GHZのスペアナを使って不要輻射がどれくらいあるのか簡易実験しています。
やはり、ノイズをきっちり押さえ込むみは入出力にコモンモードLCフィルタが必要ですね。
出力側には設けていましたが、入力側からも結構もれてきます。

ラジオのAM/FMで聴きながら探っていますが、50cmも離す近くのパソコンのノイズの方が大きくて何をしているのかわからなくなるほど抑えられました。
気になるスイッチング高調波は、基板の裏にアンテナを押しつけて基本はが280KHZ前後で確認、こんなもんでしょう。

14716317_1198061736933570_5859463422958319186_n.jpg
1GHZ程度までのEMIノイズの分布をみるとコモンモードの特性があまり良くない200MHZ程度まで多少気になります。(10cm程度離したとき)

ちなみに、1GHZ以上ななんの変化もないので観測していません。

14642469_1198061803600230_8287209670508892296_n.jpg

14695466_1198061996933544_5627810117162896871_n.jpg

あとは、金属のケースでシールドしておけばほぼ完璧でしょう。
完璧を施すとコストにひびくのでフィルターの有り無しの減価版の2周類を用意する方向で行こうか思案中です。

あとは、応急措置で実装したアルミ電解(平滑用)をチップセラミックに交換して再測定してみます。

posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 自社製品の開発

2016年10月02日

超ワイドレンジ(6〜75V)DC/DCコンバータ

超ワイドレンジ(6〜75V)&ローノイズDC/DCコンバーター基板の製品試作しています。

14671153_1195896737150070_6603627606932220035_n.jpg


無線制御での使用を目的とした超ワイドレンジの電源ボードを自社オリジナルで試作しています。おおよその仕様は以下こんな感じです。

入力電圧:6〜70V(定格) 実力としては75Vまで
出力電圧:3.3〜14V程度 
出力電流: 最大3A(実力は3.2〜3.5Aまでありそう)
大きさ: 27×54mm(h=12mm)突起部除く
※放熱版無しでは2.5A程度、入力電圧が高くなると効率が低下するのでもっと抑える必要あり。
用途:・50V以上で動作する業務用機器での組込用電源
   ・大型ドローン用の制御機器用電源(通称:BEC)

そのほかEMIなど: 近くにAMラジオを置いてAMラジオを受信すると、スイッチング周波数の倍ポイント(試作では674kHzでした)で高調波が受信されるが、弱電界エリアでも数メートル離れれば、DC/DCコンバータの妨害を受けずに受信できるのが一応の目標です。(現状では裸の基板である程度確認が妨害の無いことがとれています)

ユーザーの要望の応じて、小容量小型タイプも順次用意する予定もあります。


14650481_1195896783816732_6775838071922263874_n.jpg







posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 自社製品の開発

ホットエアーガン

ハンダ付け用のホットエアーガンを購入。
あれば便利と思いつつも、日本製は結構良い値段ですし、組立外注さんにお願いすれば時間はかかるもののちゃんと仕上げてくれるので買うのを控えていました。
最近よく買い物をするBanggoodを色々漁っていると業務でも使えそうな工具が結構安価でうられているので、今回はホットエアーガンを購入。

14393267_1185989851474092_8920055150889712006_n.jpg


付属品としてとても細い口先があり、ので面実装基板の改修にはととても役立ちそうです。
参考までに動画で記録を取っておきましたのでご紹介します。
(なんと、youtubeでこの製品の動画を日本人では初めてアップみたいです! なぜかロシアの人の動画が多いのなぜだろう

posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 設備

2016年08月20日

監視モニター基板の量産

今週納品するユニットの基板は週末に組み上がって来ました。今日は、一部パターンのデータがかけていた部分を一カ所改造。
これでなんとかやっと量産といえる状態となりました。
次のロット50セットは基板50枚×2で、100枚検査しなくてはなりません。
検査項目の見直しを含めて段取りを今回確認しつつ、効率をあげて行きます。
そろそろ検査も仕様書を外注に依頼を前提として再チェック&修正も視野にいれる時期かもしれません。
筐体への最終基板組付けはお客様で行うので、こちらでの組立はスペーサーとプレートの取付を行うだけです。
ネジが緩まないようにネジロックを塗布していますが、軽くケース脱脂を行って液剤の付きがよくなるように前処理しています。
13680903_1110747898998288_5652175583389911514_n.jpg
13659194_1110747968998281_8749436640149698459_n.jpg


次の50セットの基板100枚も無事検査を終え出荷できました。
100枚ほど作ると、やはり原因不明でICが1〜2個動作不良が出てきます。
交換すると問題なく正常動作するのので、単なる不良デバイスなのか、それとも製造上の問題による故障なのか・・・

いずれにしても、2〜3%は余分に作る必要がありそうです。
14051646_1139252362814508_2048893583672985552_n.jpg
posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 委託開発品の量産

2016年08月04日

リフローオーブンの試作(自社製品)

プライベートなプロジェクトでハンダ付け用リフローオーブンを試作中。

http://hmg.asablo.jp/blog/2016/05/01/8081461

13920974_1381754545173603_6764463979066631765_n.jpg
まだまだ、先のことですが仕上がり具合が良ければキットを領布しようか思案中です。

制御はarduioで行ってます。まずはスタンドアローンですが将来的にはWifiからのモニターや設定も。


13925777_1381754365173621_3977882158118841675_o.jpg
13680696_1381755025173555_8707106649721223037_n.jpg
13939544_1381754665173591_2592831161061329622_n.jpg
14225473_1160272947379116_4491890470469570297_n.jpg
posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 自社製品紹介

2016年07月16日

フィールド保守用ツール

製作台数は少ないですが、とある検査・保守治具の量産?です!

13731623_1109198555819889_6628380111205585457_n.jpg

13697220_1109198329153245_2848021683351199552_n.jpg

13697030_1109198512486560_6082659716676425513_n.jpg


今回の治具のケース、いつもお願いしている地元の精密板金屋さんより来た板金がほぼドンピシャで仕上がりました。
図面だけで見えなかった寸法で、一部きついところもありますが、次回作るとき調整を入れましょう。

基板は、突貫設計でパターンを引いたこともあり、回路図はあっているものの、DRCの手抜きで2本のジャンパ&3カ所のカットがありました。(これは検査用に必要で出荷品はほぼゼロ改修)
もっとも、基板製造はFusionPCBなのでまた作り直してもそれほど費用がかさまないので改版も気楽にできます。

ただ、FusionPCBは送ったデータを何も言わずにそのまま作るのでミスは絶対基板に反映されるという面がつらいです。
ある意味、ちゃんとしたガーバーデータが残ることになるので良いともいえますが、苦笑

今月中に取説も含めて仕上げて出荷となります。

posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 自社製品紹介

2016年03月04日

放熱ゲルパッド

放熱ゲルシートを使ってみました。

12771752_1014203245319421_1057635033397587506_o.jpg


最近はSMTのパワー部品も多くなりました。理想を言えばアルミ基板にして放熱すればいいじゃないかと思いますか、単価やハンダ付けのこと考えると今までのFR4基板で厚銅にするのが良いところです。

それでも、基板に放熱するからには、何か良い方法を考えないとデバイス温度があがってしまって使い物になりません。
従来から売られているゴムシートはあまり厚いものもなく硬い、他の突き出た部品の足も邪魔になるし、基板に放出された熱を逃がしにくい等ちょっと・・・・、と思っていました。

いろいろネット調べてみるとある程度柔らかくて、厚みがあるシートも見つけたので試験的に使ってみると良い感じです。

943987_1014202951986117_2981686556679784751_n.jpg

12718117_1014203085319437_3089451782668966273_n.jpg


基板だけで実験したいたときは、70℃前後まで基板表面温度が40〜50℃位になりました。
実験の度に数度ずれるのは、密着状態や設置状態の影響とみました。
ゲルシートをはさんだ状態で、4点のネジ止めときつく閉めると歪んでしまって密着状態が悪くなりそうな所もでるようです。

あとは、以下に安定した密着状態を作ってあれれば、いろいろな所に役立ちそうです。

posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 実験と考察

2016年02月18日

完成出荷です!

昨日無事出荷(納品)致しました!

12744370_1004682196271526_939604700474101181_n.jpg

1656121_1004682226271523_1804926388459516355_n.jpg


どこの施設のどんな設備に搭載されるのかは公にできませんが、とある施設において人的操作から起こる事故を防止したり、監視するユニットです。
フォトカプラ入力が8CH、リレー出力が6CH(24v系と100v系)、そしてそれらを制御するスイッチ群で構成される監視・制御します。

今回は本体と予備基板数枚を納めさせて戴きました。
設計と製作期間を通常の2倍にして戴いたので費用は格安、わたしも他の物件の合間に進めることができたので、お互いに良いことずくめな仕事でした。

posted by Soki at 00:00| Comment(0) | 作業諸々